AviUtlのシーンチェンジオブジェクトを設定する

今回は、AviUtlのシーンチェンジオブジェクトの使い方を説明します。シーンチェンジオブジェストを設定すると、動画と動画の切り替わりをスムーズに演出してくれます。

スポンサーリンク

シーンチェンジオブジェクトとは

シーンチェンジオブジェクトとは、動画と動画の切り替え時に特殊な効果を加えてくれるオブジェクトです。
シーンチェンジオブジェクトを設定することで、動画と動画の切り替わりをスムーズに演出してくれます。
配置方法は、主に2つの設定方法があるので順に観ていきましょう。

シーンチェンジオブジェクトの設定方法

シーンチェンジオブジェクトの設定方法は、シーンチェンジのオブジェクトを追加したいレイヤーで右クリックし、メニューの中から「フィルタオブジェクトの追加」>「シーンチェンジ」を選ぶことで利用ができます。

シーンチェンジに使える効果にも種類があり、設定ダイアログから様々な種類が選べます。

シーンチェンジオブジェクトは、シーンチェンジ前の動画とシーンチェンジ後の動画を同じレイヤーに配置する方法と、別のレイヤーに配置する方法があります。

同じレイヤーに配置する

下の画像のようにシーンチェンジ前と後の動画を同じレイヤーに配置し、前の動画の終了時にシーンチェンジオブジェクトを配置した場合は、シーンチェンジ前の動画の再生終了と同時にシーンチェンジが始まります。

違うレイヤーに配置する

下の画像のようにシーンチェンジ前と後の動画を別のレイヤーに配置した場合は、シーンチェンジ前と後の動画を重ね合わせて利用する方法を使うことができます。

これでシーンオブジェクトの設定は完了です。
シーンチェンジは色々な種類の効果があるので、動画に合ったシーンチェンジを探してみてください。

役立ち情報

Posted by ike