AviUtlのプラグイン「x264guiEx」をインストールする方法

今回は前回導入したAviUtlをさらに快適にしてくれるプラグイン「x264guiEx」のインストール方法を説明していきます。

AviUtlをまだインストールしていない方はこちらの記事も併せて読んでください。

スポンサーリンク

x264guiExとは

x264guiExはエンコード関係のプラグインです。AviUtlで動画を編集したあとに動画を出力しようとすると、デフォルトではAVI形式のみですが、こちらのx264guiExをインストールすることでMP4での出力も可能となります。

x264guiExをインストールする

rigayaさんのサイトからx264guiExをダウンロード

まずはプラグインの作者でもあるrigayaさんのサイトrigayaの日記兼メモ帳にアクセスします。
ページ右のサイドバーにx264guiExのリンクがあるので、クリックしましょうOneDriveにジャンプするはずです。

OneDriveに画面が変わったらx264guiExのzipファイルをダウンロードします。
下の画像の場合、左下のzipファイルです。

ダウンロードしたzipファイルをインストールする

先程ダウンロードしたzipファイルの中に「auo_setup.exe」というファイルがあるのでファイルをすべて展開します。展開後「aou_setup.exe」を再度クリックします。

次にx264guiExのセットアップ画面になるので、AviUtlがインストールされているフォルダを選びましょう。

x264guiExがインストールされたかを確認する

最後にインストールしたx264guiExがきちんと作動するかを確認しておきましょう。AviUtlを起動して動画の編集画面にします。

ファイルからプラグイン出力を選んで「拡張x264出力(gui)Exが表示されたら無事にx264guiExがインストールされています。

今回はAviUtlに入れておきたいプラグインx264guiExのインストール方法の説明でした。

役立ち情報

Posted by ike