GIF(ジフ)アニメを簡単に作成できる「GifCam」の使い方

2020年5月5日

スポンサーリンク

GifCam

今回はパソコンの画面を録画して、簡単にGIFアニメを作成してくれるソフト「GifCam」の使い方を紹介したいとおもいます。

GIFアニメとは

GIFアニメはパラパラ漫画のように複数枚の画像を使って、実際に動いているように見せる画像ファイルのことです。

GifCamをダウンロードする

GifCamはこちらのサイトからダウンロードすることができるので、アクセスしましょう。

https://gifcam.jp.uptodown.com/windows

GifCamをダウンロードしたらアプリケーションを開いてみましょう。
GifCamを開いたら、ウインドウが表示されるはずです。

このウインドウの範囲が録画される範囲なので、ウインドウをドラッグして録画範囲を調節してください。

録画をする前にGifCamでよく使う設定を説明します。

GifCamの設定

フレームレート

よく使う設定として、フレームレートがあります。
フレームレートとは、1秒間に録画するコマ数のことで、フレームレートが大きいほど滑らかな動きになりますが、録画できる時間が短くなります。
反対に小さくすると、滑らかな動きではなくなりますが、録画できる時間が長くなります。

フレームレートの設定はRecのメニューから選ぶことができます。
1FPS=10だと1秒間に10枚録画ということになります。

GIFの画質を選ぶ

Saveのメニューでは録画したGIFの画質を選ぶことができます。

  • Quantize:高画質で保存
  • Nearest:少し画質を落として保存
  • 256 colors:256色で保存
  • 20 colors:20色で保存
  • GrayScale:グレースケールで保存
  • Monochrome:モノクロで保存

GifCamで録画をする

録画範囲が決まったらGifCamのウインドウを合わせて「Rec」ボタンを押します。録画している間は「Rec」が「Stop」に変わるので、録画を止める際には「Stop」を押してください。

最後に「Save」を押すと録画したGIF画像が保存されます。

このようにGifCamを使えば、簡単にGIFアニメを作成することができます。

役立ち情報

Posted by ike