Scratchのブロックプログラミングの操作に慣れよう[横移動]

今回は、Scratchの特徴でもある「ブロックプログラミング」の基本的な操作方法を説明していきます。

Scratchのプログラムを作るときは、命令を実行する「ブロック」を組み合わせて「スクリプト(台本)」を書きます。

Scratchの基本操作

まずScratchにログインします。トップページにある「作る」をクリックして、Scratchのプログラム編集画面を表示しましょう。

スプライトを動かそう

ここからは実際に動かしてみましょう。

まずは基本の動き「横移動」をしてみます。
イベントブロックの「緑の旗がクリックされたとき」と「[10]歩動かす」を使ってスプライトを動かしてみます。

まずは、イベントブロックの「緑の旗がクリックされたとき」をスクリプトエリアに配置します。
そして「動き」ブロックの「[10]歩動かす」を「緑の旗がクリックされたとき」ブロックの下にドラッグしてくっつけます。

ブロックの配置が終わったら動きを確認してみましょう。
緑の旗ボタンをクリックすることで、動きを確認することができます。

わずか2つのブロックですが、スプライトがちゃんと動いてくれました。

今回はScratch基本の動きでもある「横移動」を説明しました。
ここから少しずつScratchで出来ることを増やしていきましょう。

scratch

Posted by ike