自社株を買うことがなぜ株主還元になるのか


株主還元の手段として、配当と自社株買いといった方法が考えられます。

このうち配当は、すべての株主に所有している株式数に応じて平等に分配してくものです。

もう一方の自社株買いは、企業が発行している株式を自ら買い戻すことです。これがなぜ株主還元になるかというと、自社株買いをして株式を消却をすることで、自社で発行している株式数が減り、その結果PER、ROEなどの指標が改善され、株価が上がりやすくなるためです。

他にも株式数を減らすことで、1株あたりの分け前を増やすことも理由にあげられます。

一般的には、定期的にキャッシュを受け取りたい投資家は配当を望むのに対して、長期投資を考えている投資家は自社株買いを望む傾向にあります。

長期保有を考えている投資家からすると、配当の場合は、配当を受け取るたびに税金を支払い、また投資額の一部を換金してしますことになるからです。

一方で自社株買いの場合は、株式を売らなければ、株式の価値が高くなっても税金を支払う必要がなく、儲けを換金せずに再投資していることになるので、将来的に多くの儲けにつながる可能性があるからです。