キャッシュフロー計算書とは何か


キャッシュフロー計算書とは、企業のキャッシュの増減を一定期間で示した活動報告書のことです。

キャッシュフロー計算書が重要なのは、企業が事業を継続できるかどうかはすべてキャッシュがあるかどうかで決まるからです。

黒字倒産がありますよね。損益計算書上では利益が続いていてもキャッシュがなければ破綻してしまうように、キャッシュが適切に回っているかは、企業が事業を継続していくために重要なポイントです。

キャッシュフロー計算書は3つに分かれる

キャッシュフロー計算書は営業活動(営業CF)、投資活動(投資CF)、財務活動(財務CF)の3つに分けられます。

この中で、営業活動からのキャッシュフローは、企業が事業を行うことで生み出したキャッシュフローなので、通常はプラスになります。

投資活動からのキャッシュフローは、設備投資や買収といった事業に関係するものや、有価証券を購入するといった財務関係の投資が含まれます。
通常は、設備投資などに支払う金額が多くなるため、マイナスになることが多いです。

財務活動からのキャッシュフローは、株主との関係では増資による資金調達、配当の支払、銀行との関係では借入や借入金の返済、個人投資家との関係では社債の発行、返済などがあります。

成長段階にある企業では投資資金を集めるため、増資、借入などでキャッシュはプラスになり、その後事業が安定し、株主への還元に使う場合はマイナスになるのが一般的です。