ドル・コスト平均法とは?簡単なまとめ


株価は常に変動していきます。そのために、購入を決めた株を1度にまとめて買ってしまうと、その後値下がりした際に安く買うチャンスを逃してしまいます。

このような価格変動リスクを小さくするには、1度にまとめて買うのではなく、複数回に分けて同じ額を購入するようにします。

こうした投資方法を「ドル・コスト平均法」といい、株式や投資信託などの金融商品の投資方法のひとつで、定額購入法ともいいます。

ドル・コスト平均法の特徴は、毎回購入額が一定なので、株価が高い時には購入株数が少なくなり、逆に株価が安いときには購入株数が多くなるところです。

ドル・コスト平均法では購入するタイミングがつかみにくいとき、あるいは株価が横ばいしているときなどは、かなり有効な投資方法になります。

また、ドル・コスト平均法は、長期で保有株式を増やしていくときにも有効な方法です。これを利用した「るいとう(株式累積投資)」という毎月定額で株式を購入する投資方法が、一部の証券会社で取り扱われています。