バリュー株とグロース株を簡単に説明する

バリュー株

市場の中には、本来の価値よりも株式市場の評価が低いために、株価が割安になっている銘柄があります。
そういった株式のことを「バリュー株」といいます。

バリュー株を見つけるには、会社が保有する資産やキャッシュに注目します。
PBR(株価純資産倍率)などの株価指標を使って、株価が割安になっている銘柄を見つけます。

PBR=株価÷1株あたり純資産で算出されます。

グロース株

バリュー株に対し、「グロース株」と呼ばれる銘柄があります。
グロース株のグロースとは「成長」のことで、成長産業に属していて、売上高が急成長しているような会社の株のことをいいます。

グロース株を見つけるには、主に利益を基準とするPER(株価収益率)を使います。

PER=株価÷1株あたり利益で算出されます。

まとめ

通常、世の中の景気がよくなるとグロース株に人気が集まり、停滞ムードのときはバリュー株が買われることが多くなります。

投資をする際、バリュー株・グロース株どちらが優れているということではないので、景気や株式市場の動きに応じて、柔軟に使い分けていきましょう。

株式投資

Posted by ike