損切りの大切さを知ろう

損切り

株式投資は、儲かってばかりとはいきません。ときに、買ったときよりも安い株価で売らなくてはならない場合もあります。

買値よりも安く売ることを「損切り」といいます。
損切りは、損失を膨らませないために行う投資戦術のひとつです。

誰しも損切りはつらいものです。上手に損切りをするには、あらかじめ一定の価格を決めておき、その価格まで下がったら損切りすることにします。これを「処分価格」といいます。

塩漬け

塩漬けとは、現在の株価が買値よりも下がり、売ると損が出る状態で、手放せずに保有していることをいいます。

つまり、損切りのタイミングを見失っている状態です。

保有しているうちにきっと株価があがると誰しもが思ってしまいます。
そうしたことを防ぐためにも、必ず処分価格を決めてから、株を買うようにしましょう。

株式投資

Posted by ike