配当利回りと配当性向の違いをみる


配当利回りと配当性向という似たような言葉があるので、今回は両者の違いをみていきたいと思います。

配当利回り

配当利回りとは、株価に対してどれだけ配当金が支払われているかを示す指標のことです。

配当利回りが高いと投資金額に対してのリターンが多く得られます。
配当利回りの計算式は次のようになります。

配当利回り(%)=1株あたりの配当÷現在の株価×100

例えば、株価1,000円の株価で1株あたりの配当が20円であった場合。

配当利回り=20円÷1,000円×100=2%となります。

配当利回りが2%の株を100万円分権利確定日までもっていれば、
100万円×2%=2万円の配当が支払われます。

配当性向とは

配当性向とは、会社が出した利益からどれくらいの金額が配当に回ったかを示す指標です。

配当性向の計算式

配当性向(%)=1株あたりの配当額÷1株あたりの当期純利益×100

例えば、利益が100円で配当に10円を回した場合、
配当性向=10円÷100円×100=10%になります。

配当性向が高くなるほど純利益を配当に回していることになるので、高ければ良いというわけではなく、経営とのバランスが重要になります。