ROA(総資産利益率)とは?ROEとの違いなど

ROAとROE

ROE(自己資本利益率)は、自己資本に対して、どれだけの利益を生み出せたかを見る指標でしたが、自己資本に他人資本(借入金や社債)を加えて、会社のすべての資産がどれだけの利益を生み出せたのかを見る指標がROAです。

ROAは、Return on Assetsの略で、日本語では総資産利益率と呼ばれています。

ROAを求める計算式は

ROA(%)=当期純利益÷総資産×100で算出されます。

一般的にROAの数値は高いほどいいと考えられています。

ROAはROEと関係が深いので両方とも使えるようにしておきましょう。
なお、見るときの注意点は、ROAで見る総資産は借金が含まれていることです。

例えばROEは高いのに、ROAが低い場合は、会社が自己資本を使って効率よく稼いでいる一方、大きな借金があることを示しています。

ただし、借金をして設備投資や研究費など、会社の成長に結びつけている場合もあるので、どんな内容の借金なのか注意する必要があります。

株式投資

Posted by ike