株価純資産倍率(PBR)の使いかたを説明

株価純資産倍率(PBR)

前回説明をしたPERと同様に、現在の株価が割安か割高かを調べるのに使える
株価純資産倍率:PBR(Price Book-value Ratio)という株価指標があります。

PBRは、現在の株価が企業の純資産に対して割安か割高かを判断する目安として利用されます。
PBRの数値を求めるには次のようにします。

まず、貸借対照表にあらわされる純資産の額を、発行済み株式数で割り、1株あたりの純資産額:BPS(Book-value Per Share)を求めます。

BPS(円)=純資産額÷発行済み株式数

次に、このBPSで現在の株価を割ります。これで現在の株価が1株あたりの純資産の何倍にあたるかを計算します。

PBR(倍)=現在の株価÷BPS

仮に会社が解散した場合には、純資産は出資している株主に戻るので、PBRが1倍なら出資した分がそのまま戻ってくることになります。

なので、PBRが1倍以下ということは、会社のもっている純資産よりも、株式の時価総額が安いということになり、そこから株価は割安ということができます。

1株あたり純資産額が1,000円の場合

株価BPSPBR
A社1,300円1,000円1.3倍
B社1,000円1,000円1倍
C社800円1,000円0.8倍

このような場合だと、A社の株価に比べてC社の株価は割安といえます。

株式投資

Posted by ike