安全なWi-Fi通信を使う

メモ
William IvenによるPixabayからの画像

スポンサーリンク

無料Wi-Fi

スマホやPCのインターネット接続ではWi-Fiを使うと通信料を節約できますが、外出先などにある無料のWi-Fiには、安全とはいえない無料Wi-Fiも存在します。

情報漏洩やデータ盗み取りに遭わないよう、Wi-Fi使用時には暗号化された通Wi-Fiを使います。

パスワードなしのWi-Fiは避ける

公共の場所にあるパスワードが不要なWi-Fiに接続することは、できるだけ避けた方が良さそうです。パスワードが不要なWi-Fiは通信が暗号化されていないため、悪意のあるユーザーがいれば、入力するユーザー名やパスワードが盗み取られたり、保存したデータの漏洩、改ざんに繋がる恐れがあります。

ホテルやカフェなどのWi-Fiの中には、あえて暗号化せずにパスワードが不要で使えるものもあります。ホテルやカフェのようにWi-Fi提供者の身元がはっきりしている場合でも暗号化されていない以上、悪意のあるユーザーが通信を盗み見ることが可能なので、できるだけ使わないほうが賢明です。

カギのアイコン

Wi-Fiを使う時には、接続画面のカギのアイコンを確認します。カギのアイコンが付いていれば、パスワードが必要で暗号化されている通信ということになります。

反対に、カギのアイコンが付いていない場合は暗号化されていない通信になりますので、できるだけ使わないように。

情報漏洩やデータの盗み取りに遭わないよう、Wi-Fi使用時には暗号化されたWi-Fiを使いましょう。

役立ち情報

Posted by ike