せどり用語を集めてみた

2020年2月23日

せどりに関するキーワードを集めました。

FBA

Amazonが出品者に代わって商品の在庫管理や出荷作業を行ってくれるサービス。
利用料が掛かるものの、出品数が多い人にはおすすめ。

プロマーチャントサービス

Amazonにおける大口出品者のこと。月額4,900円が必要となりますが、商品が1点売れるごとにかかる成約料が免除されます。
月に合計50点以上の販売が見込めるならおすすめ。

無在庫販売

商品を仕入れる前に出品登録をして、注文が入ってから商品を仕入れる方法。在庫を抱えることがないのでリスクを減らせるメリットがある。
ただし、急な注文に対応できなかった場合はキャンセルせざるを得ず、アカウントの評価が下がります。

カートボックス

Amazonにおいて、価格設定や在庫状況、評価など一定の条件を満たすことで獲得できる優先販売権。カートボックスを獲得できれば、商品のトップページに自分が出品した商品が表示され、売上の増加に繋がる。

電脳せどり

実店舗で仕入れるせどりとは別で、仕入れをネット上で行うせどりのことです。すべての作業を自宅内で行うことが可能なので、時間的制約が少ないのがメリットになります。

レンタルアップ

レンタル店から払い下げられた商品(主にCD・DVD)は、在庫処分のため激安価格で売りに出されることが多いです。
その商品を購入して、傷やラベルなどをキレイにすれば、商品の状態が上がり、販売価格にも反映されます。

刈り取りせどり

Amazonに最安で出品されている商品を仕入れて、それをAmazonに適正価格で出品すること。
儲けは少ないが、地道に行えばお小遣い程度にはなるかも。

ビームせどり

店舗で商品を仕入れる場合、バーコードリーダーを使用して、その場でネット上での相場を調べる方法。
お宝商品を見つけることもあるので、有効なツールと言えそう。
ブックオフで使っている人をよく見る。

役立ち情報

Posted by ike