動画編集ソフトBandicutの使い方

2020年3月19日

スポンサーリンク

Bandicut

今回は、動画編集ソフトの「Bandicut」を紹介します。

Bandicutでは撮影した動画の「カット」「分割」「結合」といった編集が行えます。簡単に説明すると

カットは、動画の不要な区間(CM部分等)を切り取って保存。
分割は、ひとつのファイルを複数のファイルに分割。
結合では、複数のファイルを結合して、ひとつのファイルとして保存します。

実際にBandicutを使うには、編集の知識はなくても簡単に動画編集が行えるのでおすすめです。

Bandicut無料版をダウンロード

Baindicutには、無料版と有料の製品版があります。無料版だと動画の最後の部分にbandicutの宣伝が少し入ります。

また有料版では動画編集が高速で行える「高速モード」で編集できるようになります。

まずは無料版でBandicutを試してみて、気に入ったら有料版の購入を検討するのが良いかと思います。

https://www.bandicam.jp/bandicut-video-cutter/

bandicutの公式サイトに行くと、すぐにBandicutのダウンロード(無料)があるので、そこから無料版を手に入れましょう。

Bandicutの使いかた

無料版をダウンロードしたら、早速アプリケーションを開いてみましょう。ここでは「カット」を少し説明したいと思います。

ホーム画面から「カット」を選択します。
次に、編集する動画ファイルを選びましょう。

保存したい部分をシークバーで選びます。複数ある時は画面にある
+(区間追加)ボタンをクリックします。カットした部分を結合させる場合は「出力ファイルを結合」にチェックをいれます。

最後にスタートを押すと編集された動画が保存されます。
これだけで動画の不要な部分をカットすることができました。

以上が、Bandicutの簡単な説明になります。まずは無料版から試してみるのをおすすめしたいと思います。



YouTube

Posted by ike