Bandicamで動画作成


Bandicam

今回は、動画キャプチャーソフトの「Bandicam」を紹介したいと思います。

動画キャプチャーソフトとは、PC画面等に出力される映像を、静止画や動画として取り込んでくれるソフトのことです。

PC画面を録画してYouTubeなどに上げることができるので、自分もBandicamを重宝しています。

数多くある動画キャプチャーソフトの中でも、Bandicamは初心者の方でも簡単に動画を撮ることができるキャプチャーソフトなのでおすすめです。

Bandicam無料版をダウンロード

Bandicamには、一部の機能だけ使える無料版と有料の製品版があります。まず実際に無料版を試してみて、気に入ったら有料の製品版の購入を検討するといいでしょう。

Bandicamの公式サイトに行くと、中央にBandicamのダウンロード(無料)があるので、そこから無料版を手に入れましょう。

Bandicamの使いかた

無料版を手に入れたら、早速アプリケーションを開いてみましょう。

Bandicamが起動したら、撮影したいキャプチャー対象を開きます。
ここでは、Googleの恐竜ゲームを撮影してみます。

Bandicamのメニューから「指定した領域」を選び、撮影する範囲を調整します。範囲で選択された部分だけが撮影されます。

範囲を選択し終わったら、「REC」をクリックすることで撮影が開始されます。

動画を撮り終わったら「停止」で撮影終了です。
動画ファイルは自動でPC内に保存されます。

YouTubeに上げる際も、そのまま上げられるのでBandicamは非常に便利です。

無料版と有料版の違い

一番分かりやすい違いとしては、Bandicamの宣伝ロゴと撮影時間の違いです。

Bandicamのロゴ

無料版の場合、画面の上に「Bandicam」と書かれたロゴが動画に入ります。
有料版ではもちろんロゴは入りません。

撮影時間

無料版は撮影時間が10分までと制限されています。有料版ではもちろん制限はありません。

以上が、Bandicamのおすすめポイントと無料版、有料版の違いです。
とりあえず無料版を使ってみて、気に入ったら有料版に変えるのがいいと思います。

まとめ

動画キャプチャーソフトで迷っている方は、とりあえずBandicamを使ってみてはいかがでしょうか。