YouTube動画の終了画面を設定する

2020年3月20日

今回はYouTube動画に終了画面を設定する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

YouTube終了画面とは

終了画面とは動画本編の最後の部分で、他の動画を紹介したり、チャンネル登録をすすめることができる機能です。

終了画面は動画の最後の5~20秒設定でき、表示するには動画の長さが25秒以上必要です。

YouTube終了画面を設定する

YouTube Studioに行く

まずはYouTubeにログインし、YouTube Studioに行きます。

次に「動画」から終了画面を設定したい動画を選択し、動画の「詳細」を開きます。

詳細を開いたあと終了画面をクリックし、設定画面に行きます。

終了画面を設定する

終了画面は

  • 動画または再生リスト
  • チャンネル登録
  • チャンネル
  • リンク

といった、4つの要素から選ぶことができます。

終了画面に設定したい要素を選んだら、要素の大きさと配置場所を決めるだけで設定は完了します。

では要素の中身を順に紹介していきます。

動画または再生リスト

  • 最新のアップロード
  • 視聴者に適したコンテンツ
  • 動画または再生リストを選択

チャンネル登録

自分のチャンネル登録に誘導してくれます。
好きな場所にチャンネルアイコンを配置しましょう。

その他チャンネル

サブチャンネルを持っている方におすすめです。
チェンネルのURLとカスタムメッセージを入力します。

リンク(承認済みのサイト)

承認済みのサイトに誘導してくれます。自分のサイトを持っている方におすすめです。
※YouTubeパートナープログラムに参加する必要があります。

表示する時間を決める

表示する項目を設定したら、最後に表示する時間を設定します。

動画の下にあるバーの長さを調節することで、表示する時間の設定が可能になります。

最後に設定変更を保存しておきましょう

確認してみる

終了画面がきちんと表示されるか確認してみましょう。

動画の一番最後の部分1:28秒あたりから終了画面が出てくるのが分かりますね。これで無事に終了画面の設定が終わりました。今回はここまでにしたいと思います。

まとめ

今回はYouTube動画の終了画面の設定を取り上げました。

終了画面からチャンネル登録してくれる人も多いので、是非とも終了画面を設定しましょう。

YouTube

Posted by ike