YouTubeに動画をアップロードする

2020年3月20日

今回は動画ファイルをYouTubeにアップロードする方法を説明したいと思います。

スポンサーリンク

動画をアップロードする前に

アップロードする前に必要なもの

YouTubeに動画をアップロードするには、GoogleアカウントとYouTubeチャンネルの作成が必要になります。登録が済んでいない場合は、まずアカウントやチャンネルの作成を行いましょう。

Googleアカウントを作る

YouTubeチャンネルを作る

動画を撮影する

YouTubeにアップロードする動画を撮影しましょう。動画機能が付いているものであれば、ビデオカメラ、スマホなど何でも構いません。

動画ファイル形式

YouTubeは現在一般的に使われている動画ファイルの形式であれば、ほとんどのフォーマットに対応しています。
万が一アップロードできなかった場合には、動画編集ソフトなどでフォーマットを変換する必要があります。

動画をアップロードする

アカウントやチャンネルを用意したら、動画をアップロードしてみましょう。

動画をアップロードするにはYouTubeを開き、右上のカメラマークをクリックします。

クリックすると次の画面になるので、アップロードする動画ファイルを選択します。

ここではYouTubeテスト用に撮っておいたコーヒーの動画を上げてみたいとおもいます。

ファイルを選択したら、「タイトル」「動画の説明文」などを入力していきます。

最後にアップロードの公開範囲を設定します。
「公開」「限定公開」「非公開」から選べます。公開範囲は後から変更することもできます。

公開範囲が決まったら、動画のアップロードは完了です。

アップロードした動画を見てみる

早速見てみましょう。スマホでコーヒーを撮っただけなので何もおもしろくないですが、今回はテスト用ということでご勘弁を。

とりあえずファイルはYouTubeにアップされていました。

動画のアップロードは初めてでも簡単にできますよ。

まとめ

今回はYouTubeへの動画のアップロードの方法を説明しました。

次回以降、少しずづでも動画の加工方法やYouTubeの収益化の説明をしていければと思います。

YouTube

Posted by ike