Googleアカウントを2段階認証に強化する


Googleアカウントの2段階認証

Googleアカウントはユーザー名とパスワードで認証していますが、パスワードだけでは不正にアクセスされる危険があります。

そこで使いたいのが「2段階認証」です。ログイン時にパスワードとは別に「確認コード」を追加で入力することによって、セキュリティを強化することができます。

2段階認証の設定

まずは、Googleのアカウント設定ページにアクセスします。

https://myaccount.google.com/

アカウントのページにアクセスしたら、「セキュリティ」の項目を選びます。
次に「2段階認証プロセス」をクリックします。

2段階認証の内容が表示されるので、確認して「使ってみる」をクリックします。

Googleからのメッセージを受信するデバイスが表示されます。
ここではスマートフォンが設定されています。

「送信する」を選んだらスマートフォンにGoogleにログインしていいか?のメッセージが届きます。

ログインしたい場合は、そのまま「はい」を選びます。
そうすることで、ログインが承認されます。

次の画面では、2段階認証に使う電話番号が表示されます。
電話番号が表示されていたら「送信」をクリックします。

電話番号に確認コードが届くので、その確認コードを入力します。
これで2段階認証に使用する電話番号が登録されます。

最後に2段階認証プロセスを有効にするか選択します。
問題がなければ「有効にする」を選び、設定が完了します。

2段階認証をオフにしたい場合は設定画面からすぐにオフに切り替えられます。

以上です。ありがとうございました。