Snapmart(スナップマート)で写真を売る

2020年3月22日

スポンサーリンク

Snapmart(スナップマート)

スナップマートは2016年に誕生した、写真を販売することができるアプリです。

写真を販売といってもプロが撮った写真だけでなく、日常のなにげない風景や人物の写真が売れるので人気のアプリとなっています。

スナップマートで写真を売る

アプリの出品ボタンから簡単に出品することができます。

コンテストが面白い

出品は通常のマーケットプレイスへの出品と、テーマに沿った写真を投稿する「コンテスト」があります。

コンテストはスナップマートが主催することが多いですが、他にも企業や自治体が開催していることもあります。

コンテストの魅力はなんといっても入賞すれば賞金が貰えるほか、気に入ってもらえれば企業から指名がくることもあるみたいです。

売れるといくらもらえるのか?

スナップマートで写真が売れたときの報酬は、
販売価格×報酬率=売上で計算されます。

※報酬率はユーザーランクで異なります。

スマップマートで写真を買う

スマップマートは写真を売るだけでなく、写真を購入することもできます。

購入する場合の料金は

単品購入の場合1枚330円~となっています。

定額制プランは月に3枚1,008円~プランが用意されています。

まとめ

スナップマートではどのような写真が売れるか分からないところに楽しさがあります。

インスタ用に撮ってある写真を販売したら案外売れるかも知れませんよ。

サービス

Posted by ike