キャッシングよりカードローンで節約

お金の借入はなるべく避けたいものですが、予定外の出費が続いた時などに利用することもあるでしょう。

お金を借りる際に知っておくべきことがあります。

スポンサーリンク

キャッシングとカードローン

クレジットカードでお金を借りる際にキャッシングとカードローンの2つがあります。
どちらも手軽に使えて便利な存在ですが、この2つには明確な違いがあります。

キャッシングとカードローンは別々のサービス

キャッシング

現金を借入することをキャッシングと言いますが、キャッシングは一般的にカード付帯サービスのキャッシング機能のことを指します。

1枚のカードで、買い物も現金の借入もできるという事です。

カードローン

カードローンは借入専用に作られているので、借入をメインに使いたい人にとってメリットのあるサービスになっています。

なのでクレジットカードのキャッシングと比較すると、カードローンは金利が低い場合が多いです。

金融機関の金利

銀行系カードローンなら年利10~15%で、15%以内に収められている場合が多いです。
消費者金融系のキャッシングだと13~18%くらいが相場なので、やはりカードローンのほうが金利は低く設定されています。

シミュレートしてみる

例:10万円を借りて、月々1万円ずつ返済した場合

金利15%の場合、利息は7,000円

金利18%の場合、利息は8,430円となり1,430円の差がでます。
僅かな差のように感じるかもしれませんが、少しでも安い金利を選んで出費を抑えましょう。

まとめ

今回はキャッシングとカードローンを取り上げてみました。
できるだけどちらにも頼らない生活を送れるように心がけましょう。

サービス

Posted by ike