ICOによる資金調達

スポンサーリンク

ICOとは

ICOとは「Initial Coin Offering(イニシャルコインオファリング)」の略で、
「新規仮想通貨公開」を指します。
ICOは仮想通貨を用いた新しい資金調達法として現在注目を集めています。

資金調達の流れ

企業や団体は「トークン」と呼ばれる独自の仮想通貨を発行し、
投資家は自分が保有している仮想通貨を使ってトークンを購入します。

トークンを発行した企業や団体は調達した仮想通貨を取引所で売却し、円やドルなどに換金して資金とするのがICOを使った資金調達の流れです。

IPOとの違い

資金調達の方法として似ているのが、IPO(新規公開株)です。
ただし、株式を上場するためには多くの審査に加え、コストも掛かります。その点、IPOに比べICOはハードルが低く参入しやすくなっています。

ICOの問題点

ICOでの資金調達は証券会社や証券取引所の審査を必要としないため、詐欺に使われやすいという側面があります。

投資をする場合には、リスクやメリット・デメリットを十分に理解した上で行いましょう。

その他投資

Posted by ike