ワイン投資はワイン好きにおすすめ

ワイン投資をご存知でしょうか。まだまだ日本では馴染みのない投資ですが、ヨーロッパでは昔から行われている資産運用のひとつです。

今回はワイン投資を取り上げてみたいと思います。

ワイン
Steve BuissinneによるPixabayからの画像

スポンサーリンク

ワイン投資とは

ワイン投資とは、生産されてすぐのワインを投資用に購入し、数年間保存後希少価値がついたら売却して売却益を得る投資方法のことです。

ワインは年間の生産量が決まっているため、年月が経つほどワインの価値が上がる可能性があるのが特徴といえます。

メリット

ワイン投資のメリットとして、価格が上昇しなかった場合に自分で飲むという選択肢があります。

デメリット

ワイン投資は市場が狭く、自分の好きなタイミングで売り買いができない場合が多いです。

ワインの保管

ワインの保管は比較的涼しく、温度差があまりない場所が適しています。
光もできるだけ避けられる場所を用意しましょう。
また、コルクが乾燥しないように横に寝かせて保管します。

まとめ

日本ではあまり馴染みのないワイン投資を取り上げてみました。

メリットの欄でも書きましたが、ワイン投資のメリットに「自分で飲む」という選択肢があるため、ワイン投資はワイン好きのにおすすめの投資方法です。

その他投資

Posted by ike