ビッグデータを簡単にまとめる


今回はビッグデータを簡単にまとめていきたいと思います。

ビッグデータとは

ビッグデータとはネットの検索履歴やインターネット上での買い物履歴を始めとした、巨大なデータの集まりのことです。

従来からビッグデータ自体はあったのですが、扱うことが困難なほど巨大で複雑でした。

技術の進歩

現在では技術の進歩によって、集まったビッグデータを分析できるようになり、様々な分野で注目を集めています。

中でもビッグデータを分析した結果は、新商品やサービスに利用しようという動きが活発化しています。

課題

ビッグデータの活用は経済界も積極的ですが、プライバシーの保護の課題が残ります。

課題を克服すべく2017年に改正個人情報保護法が施行されました。

従来、企業が個人情報を利用する場合、本人の同意が必要でしたが、個人の特定されないよう処理をすれば、本人の同意がなくても外部提供できるようになりました。

以上です。ありがとうございました。