GoogleアドセンスでCCPAに対処する


今回はGoogleアドセンスで表示されるCCPAの対処を行っていきます。

CCPAとは

CCPAはCalifornia Consumer Privacyの略で、カリフォルニア州消費者プライバシー法のことです。

カリフォルニア州消費者プライバシー法は2018年に制定され、2020年1月1日に施行されます。

この法律では個人情報の取り扱いを定めていて、個人情報の販売停止を求める権利や、集めた個人情報の開示義務が定められていたりします。

カリフォルニア州だけの話のように聞こえますが、インターネット上はカリフォルニアからもアクセス可能なので日本のサイトも対処が必要になります。

では早速始めていきましょう。

CCPAに対処する

GoogleアドセンスのページにCCPAのメッセージが表示されていたら「対処」をクリックします。

制限付きデータ処理

「データ処理を制限しない」を選択した場合。
カリフォルニア州在住のユーザーには、今後もパソナライズド広告が引き続き表示されます。

「データ処理を制限する」を選択した場合。
カリフォルニア州在住のユーザーには、パーソナライズされていない広告だけが表示されます。

なのでここでは「データ処理を制限する」を選択します。

最後に「変更を保存」をクリックして完了です。

以上です。ありがとうございました。