仕組預金の簡単なまとめ


お金
PublicDomainPicturesによるPixabayからの画像

今回は仕組預金を取り上げます。定期預金よりも高金利を謳い文句にしている仕組預金のメリット・デメリットを解説します。

仕組預金とは

仕組預金とは預金商品にデリバティブ(金融派生商品)を組み込んだ商品のことです。デリバティブを組み込み、それを銀行が運用するので定期預金よりも高金利を実現しています。

仕組預金の特性

定期預金と違い、仕組預金はデリバティブをどのように組み込むかで様々な金融商品が作られています。仕組預金を選ぶ際は金利だけでなく、運用方法やリスクを知っておく必要があります。

仕組預金の種類

コーラブル預金

預金の満期を銀行側が決定する権利を持っています。満期を預金者が決めることができない代わりに高い金利を受け取ることができます。

デュアルカレンシー預金

預入時に基準為替レートが定められます。満期時点で基準為替レートより円安になっていれば円で、円高になっていれば外貨で戻される特約がついています。為替リスクが預金者が負うことで金利は高く設定されています。

仕組預金の注意点

仕組預金は原則中途解約ができません。解約をした場合は解約費用等が掛かるため元本を大きく下回る可能性があります。資産を運用する際は気を付けましょう

まとめ

仕組預金はその特性から定期預金より高い金利が期待できますが、商品によっては元本割れのリスクもあります。仕組み預金のメリット・デメリットを理解した上で検討してみてください。

以上です。ありがとうございました!