特定口座と一般口座の違い


特定口座と一般口座の違いが分かりますか?

投資を始める際、証券会社や銀行で専用口座を開設します。
その時に選ばないといけないのが「特定口座と一般口座のどちらで開設するか?」です。

急に言われても迷ってしましますよね。

今回は投資を始める際に必要な特定口座と一般口座を取り上げたいと思います。

はじめに

特定口座とは

株式投資で利益が出た場合、確定申告を行う必要があります。しかしながら、全ての取引記録を計算し確定申告を作成するのはかなり面倒ですし、税務署の処理能力にも限界があります。そこで導入されたのが特定口座です。

特定口座は損益計算システムが付いた口座で、源泉徴収あり、源泉徴収なしの2種類があります。

源泉徴収ありの口座は証券会社がまとめて納税してくれるので確定申告の手間が掛かりません。

源泉徴収なしの口座でも取引記録から「年間取引報告書」が作成されるので確定申告がスムーズに行えます。

一般口座と特定口座の違い

一般口座を選んだ場合、自分自身で損益計算から確定申告までのすべてを行う必要があります。

まとめ

一般口座を選択する場合、多くは確定申告の必要のない少額取引をされている方になります。確定申告が必要になる所得がある人は特定口座を開設したほうが良いかと思われます。