ふるさと納税を使ってみよう


naturalogyによるPixabayからの画像

ふるさと納税は全国各地の応援したい自治体に寄付することのできる制度です。もともとは地方自治体の格差是正のために施行された制度ですが、返礼品に力を入れるようになったために現在のようにブームになってきています。

また寄付したお金が一定額の場合、翌年に確定申告を行うと所得税及び住民税から控除され、寄付した金額からマイナス2000円までは戻ってきます。

つまり実質2000円で全国各地の名産品を手にするチャンスなのです!

納税者は

  • 各自治体を応援できる
  • 名産品が貰える
  • 税金の控除

といったメリットがあり

自治体は

  • 歳入の増加
  • 地域の活性化

がメリットとして挙げられます。

また納税者は、寄付金の用途を震災復興や公共設備を始め教育、自然保護など多岐にわたる使い道から用途を選ぶことができます。

ふるさと納税で税金控除を受ける際には確定申告を行うか、ワンストップ特例制度の申請が必要になります。
ワンストップ制度とは2015年に導入され、給与所得者で寄付先が年間5か所以内なら確定申告が不要になる制度のことです。

確定申告が必要になる自営業者などは確定申告で寄付金受領証明書を一緒に提出します。

ワンストップ特例制度では

寄付先が5か所以下の場合は確定申告の必要なし、代わりに寄付する際に申請書を提出します。主に会社員向け制度です。

ふるさと納税のやり方は

  • 控除上限額を決める
  • 寄付先を決定し申し込む
  • 返礼品と寄付金受領証明書が届く
  • 控除の手続きを行う

注意点

年収や家族構成で控除額が決まるので事前にシミュレーションをしてみましょう。
さとふるのシミュレーションを使ってみましょう。

返礼品も調べます。

ふるさと納税に申し込む

以上です。ふるさと納税はお得な制度なので是非使い倒しましょう!