クラウドソーシングで働く

2019年11月26日

Photo MixによるPixabayからの画像

クラウドソーシングとは企業が不特定多数の人にネットを介して仕事を外注するサービスのことです。クラウドソーシングで紹介される仕事には在宅でこなせる仕事も多く、スキマ時間を使った副収入を得るのに便利です。

仕事内容は様々な案件があり、専門スキルを要する案件もあれば未経験者でもできる仕事まで幅広くあります。

収入は案件によりけりになってしまうので一概にいくらとは言えませんが、データ入力だとYahoo!クラウドソーシングのページでは、データ入力が次の条件で募集されていました。

仕事の種類はデータ入力で名刺の情報を入力するようです。報酬は1文字1円ですね。なので1時間に1500文字タイピングできたら時給1500円になります。副収入で働く分にはかなりお勧めです。

クラウドソーシングサイトの選び方

クラウドソーシングのおすすめポイントを言っても、クラウドソーシングをやったことがない人はまだ不安ですよね?

そんな方におすすめサイトは

ランサーズやクラウドワークスといった大手仲介サービスを利用するのがおすすめです。初めての方でも大手のサービスのほうが安心感が得られるかもしれません。

クラウドワークス

クラウドワークスではユーザー数が309万人で仕事の依頼数が280万件となっています。

ランサーズ

ランサーズは満足度、リピート率、運営実績などで決まる信頼度No.1の三冠王に輝いています。

クラウドソーシングは多くの案件がありますので、まずは自分のスキルを発揮できる案件を探すのがおすすめです。

専門スキルを持っている方におすすめサイトがココナラです。



上記で紹介したクラウドワークス、ランサーズが企業から仕事依頼が来るのに対し、ココナラでは自身のスキルをフリーマーケットのようにスキルを出品し購入者を募るサービスとなっているところが特徴になります。

クラウドソーシングのメリット

  • 単純な仕事も多いので初心者でも簡単にお金が稼げる
  • 在宅ワーク
  • スキマ時間を有効に使える

まとめてみると以上のようになりました。これからもクラウドソーシングのような働き方は増えていくと思いますので今回の記事で気になった方は是非挑戦してみてください。

以上です。ありがとうございました。