5Gでは何ができるのかを簡単に


最近よく耳にする5Gとは何かを少し紹介してみます。

5Gとは

5Gというのは通信規格のことで、現在使われている4G(LTE)の次の世代の新しい移動通信システムのことです。

英語で「5th Generation」から5G(ファイブジー)と呼ばれています。

4Gが3.5GHz帯までの周波数を使っていたのに対し、5Gでは28GHz帯まで使えるようになるため、高速大容量通信が可能となります。

5Gで出来ること

  • 高速大容量通信
  • 超信頼・低遅延通信
  • 多数同時接続

では実際に何が変わるのでしょうか。

クラウドゲーム

Peggy und Marco Lachmann-AnkeによるPixabayからの画像

今年の春に、Googleがゲーム市場に参入することを発表しました。
説明では、YouTubeのような感覚で利用できるオンラインゲームと言ってましたね。つまり、ゲーム機を自分で用意する必要がないのです。
これも5Gになることで、ゲーム処理の遅延が解消されると見込んでのことでしょう。

完全自動運転

Noel BauzaによるPixabayからの画像

自動運転は自動化の度合いより、レベル0~レベル5まで定義されています。

完全自動運転のレベル5になるのには、早くても2030年代になると言われています。まだまだ先ですが遠くない未来に実現されそうですね。

VR

StockSnapによるPixabayからの画像

ソフトバンクが5GとVRを活用したLiVRを発表しました。ライブ中継をVRで楽しめるのも低遅延の恩恵です。VRは来年のオリンピックに向けてどんどん普及するのではないでしょうか。

最後に

こう見てみるとメリットしかないようですが、実際にはどうなんでしょうね。
日本での5Gの商用利用開始は2020年なので、来年どうなっているのでしょうか。5Gの設備投資分、通信費が高くなることもありえそうですね。
それなら4Gのままでも、、、なんてね。

ではでは